「somewhere not here _work in progress」は町の人々が生活の中で訪れる店や公共機関などのガラスに「時間」をテーマにした作品を制作するというプロジェクトです。

建物の中を自分の内側、ガラスは内と外の間の皮膜ととらえ、ガラスの向こう側に流れ去る時間(時間の経過とともに変化する光や影、雲の形や雨、雪、過ぎていく人々や動物など)を破線で追い、その破線を元に何処かにつながるかもしれない架空の地図を制作します。

窓や、扉など可動ガラスに描いた地図は、出入りなどで動くたび変化します。また、明るさによって見え方が線から影へ大きく変化する事も感じる事が出来るでしょう。固定した認識ではなく、その変様を受け止める事を見る人に問いかけたいと思います。

見る人は、時にガラスに描かれた架空の地図に気がつかないことがあります。当たり前のように「窓の外」を見ていると、内と外の間の皮膜に浮かぶ地図が見えないのです。しかし、一度気がつくとその視野の中に地図は大きく広がっていきます。

「気づき」もこの作品の重要な主題のひとつです。

 

またこの作品は人々の日常の生活の中に入りこみ、その日常空間を変化させ、生活のなかで彼らに問いかけます。

 

I draw points on the glass of the architecture from inside with following the view outside changing one moment by one moment. As folowing the time pass by.Then I create the fictitious map with the points line.

The map to go somewhere.

This is the work to try to touch the surface of 'the passing'.

Regarded the glass as the membrane between inside and out of myself, I draw the map as scratching it.

Sometime people do not realize that the map on the glass.They do not notice it because they looks only outside through the glass.

However the map will spread rapidly in the field of view of the people who once "notice" it.

"Notice" is important intent of this work. 

 

2014 , Manndallen Norway

2014 _Gengenten  , fukushima Japan

2014 _Hunner head studio ,Kanagawa Japan

2012  , Tromso Norway]

2012 _tromso open. 

2012 _VOICE CANNOT HEAR will SPREAD through THE AIR , Gimaraec Portgal]

2012 _VOICE CANNOT HEAR will SPREAD through THE AIR , Aichi Japan 

 

2013 _SAKURAWORKS ,Kanagawa Japan

2010 _IWAKI ART TRIENALE Fukushima Japan